news

小曽根真ニューヨーク・フィル公演レポート (2017.11.8)

ジャズとクラシック、ジャンルという境目を超え縦横無尽に駆け巡るピアニスト、小曽根真が、バーンスタイン生誕100周年祭と題し、ニューヨークにて開催された、アラン・ギルバート指揮ニューヨーク・フィルハーモニック公演に出演いたしました。
(リンカーンセンター、ディヴィッド・ゲフィンホールにて)
11月4日から3日連続で熱演を繰り広げ、大喝采を受けたその模様をお届けします!



1公演でガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー」とバーンスタイン「不安の時代」の2曲を演奏する、小曽根真ならではのプログラミングは、2,700席が完売、満席の会場を大いに沸かせました。
特に、独自のカデンツァと絶妙なアドリブが随所に散りばめられた「ラプソディ・イン・ブルー」の演奏終了後は、まだ前半にも関わらず、ブラボーの嵐とスタンディングオベーションに包まれ、ニューヨークの聴衆に受け入れられました。

後半に演奏したバーンスタインの交響曲第2番も、小曽根の得意とするレパートリー。
バーンスタインの本拠地でもあった会場でこの作品に挑み、色彩とリズムに溢れた秀逸な演奏を展開、生誕100年のメモリアルイヤーシリーズに華を添えました。

一方、ニューヨーク・フィル公演に先駆け、10月31日にはJazz at Lincoln Center, Dizzy's Club において、ドラムにジェフ・テイン・ワッツ、ベースにジェームス・ジーナスを迎えてのトリオ公演を実施。
2公演とも溢れんばかりのオーディエンスが駆けつける中、熱いセッションとなりました。
アンコールには、会場に駆けつけたクラリネット/サックス奏者のパキート・デリベラとニューヨーク・フィル首席トロンボーン奏者のジョゼフ・アレッシが飛び入り参加。



このあと、レナード・スラットキン指揮のもと、ヤング・ピープルズコンサートなどへの出演も控え、益々、世界のMakoto Ozoneに期待が高まっています。
ニューヨークでジャズとクラシックの最前線を駆け巡る、小曽根真の勢いはまだまだ止まりません!
https://nyphil.org/whats-new

ニューヨーク・タイムズの公式Facebookで中継された本公演に向けたインタビュー



<オンエア情報>

小曽根真が「ららら♪クラシック」に出演、モーツァルトの魅力について語ります! (2017.11.2)



11月17日(金)午後9時30分~ 午後10時00分 Eテレにて
『ららら♪クラシック「とことん音楽!わたしのモーツァルト」
【再放送】11月23日(木)午前10時25分~ 午前10時55分 Eテレにて

小曽根がモーツァルトの魅力について、とことん語ります!
即興演奏など、見所満載の30分。是非ご覧ください。

番組サイト http://www4.nhk.or.jp/lalala/x/2017-11-17/31/5164/2133242/




<オンエア情報>

今週日曜放送のEテレ「クラシック音楽館」で
7月に出演した「デトロイト交響楽団演奏会」が放送されます! (2017.9.6)

9月10日(日) 21:00~ Eテレ「クラシック音楽館」
URLは http://www4.nhk.or.jp/ongakukan/

<放送内容>
【曲目】ラプソディ・イン・ブルー(ガーシュウィン)
【共演】指揮:レナード・スラットキン、管弦楽:デトロイト交響楽団


小曽根真&ニューヨーク・フィルハーモニック
バーンスタイン・メモリアルコンサート 旅行ツアー決定!



小曽根真 THE TRIO ツアースケジュール 2017年

9月5日(火)・6日(水)
ビルボードライブ大阪
問:06-6342-7722 more details

9月7日(木)
KUMAMOTO JAZZ 2017
熊本県立劇場コンサートホール
問:096-363-2233 more details

9月8日(金)・9日(土)・12日(火)・13日(水)
ブルーノート東京
問:03-5485-0088 more details

9月10日(日)
いわてジャズ2017
岩手県民会館
問:019-624-1173 more details


小曽根真 THE TRIO 最新アルバム

「ディメンションズ」 DIMENSIONS
(ユニバーサル)
2017年8月2日リリース決定!


YouTubeにて動画公開中!



more details


 NEWS ARCHIVE (2017)
cd

チック・コリア&小曽根真
「Chick&Makoto-Duets-」
NOW ON SALE

デュオ・ツアー開催記念!
小曽根真とチック・コリアのこれまでの共演録音を1枚に
まとめたコンピレーション。



1. インプロヴィゼーション #1
Improvisation #1 (Chick Corea/Makoto Ozone)
チック・コリア、小曽根 真(p)
2002年『トレジャー』録音時の未発表テイク

2. ブルー・ボッサ
Blue Bossa (Kenny Dorham)
チック・コリア、小曽根 真(p)
ゲイリー・バートン(vib)
アルバム『Live & Let Live – Love For Japan』(2011)より

3. インプロヴィゼーション #2
Improvisation #2 (Chick Corea/Makoto Ozone)
チック・コリア、小曽根 真(p)
2002年『トレジャー』録音時の未発表テイク

4. ラ・フィエスタ
La Fiesta (Chick Corea)
チック・コリア、小曽根 真(p)
アルバム『トレジャー』(2002)より



5. サマータイム
Summertime (George Gershwin/DuBose Hayward)

ゲイル・モラン・コリア(vo)
チック・コリア、小曽根 真(p)
ゲイリー・バートン(vib)
アルバム『Live & Let Live – Love For Japan』(2011)より

6. インプロヴィゼーション #3
Improvisation #3 (Chick Corea/Makoto Ozone)
チック・コリア、小曽根 真(p)
トレジャー Live & Let Live
2002年『トレジャー』録音時の未発表テイク

7. パンドラ
Pandora (Makoto Ozone)
チック・コリア、小曽根 真(p)
アルバム『トレジャー』(2002)より

8. インプロヴィゼーション #4
Improvisation #4 (Chick Corea/Makoto Ozone)
チック・コリア、小曽根 真(p)
2002年『トレジャー』録音時の未発表テイク

Bonus Track:
9. クリスタル・サイレンス
Crystal Silence (Chick Corea)
Makoto Ozone featuring NO NAME HORSES
小曽根 真(pf, arr, leader)
エリック宮城、木幡光邦、奥村 晶、岡崎好朗(tp, flh)
中川英二郎、片岡雄三(tb) 山城純子(b-tb)
近藤和彦(as, ss, fl) 池田 篤(as, fl) 三木俊雄(ts) 岡崎正典(ts, cl)
岩持芳宏(bs, b-cl) 中村健吾(b)、高橋信之介(ds)
2014年『ROAD』録音時の未発表テイク