Makoto Ozone
featuring No Name Horses

小曽根真
featuring No Name Horses
(ビックバンド)

小曽根真 (Piano)
エリック宮城 (Trumpet, Flugelhorn, Piccolo Trumpet)
木幡光邦 (Trumpet, Flugelhorn)
奥村晶 (Trumpet, Flugelhorn)
岡崎好朗 (Trumpet, Flugelhorn)
中川英二郎 (Trombone)
山城純子 (Bass Trombone)
近藤和彦 (Alto Saxophone, Soprano Saxophone, Flute)
池田篤 (Alto Saxophone, Flute)
三木俊雄 (Tenor Saxophone)
岡崎正典 (Tenor Saxophone, Clarinet)
岩持芳宏 (Baritone Saxophone, Bass Clarinet)
中村健吾 (Bass)
高橋信之介 (Drums)

ピアニスト小曽根真が率いる総勢15名のビッグバンド。メンバーはいずれも日本を代表するミュージシャンで、自身のバンドにてリーダーを務めるトップ奏者が集結している。 2004年3月、小曽根がプロデュースした伊藤君子(シンガー)のアルバム『Once You've Been In Love 一度恋をしたら』のレコーディングのために結成。当初はこの録音のためだけの臨時編成であったが、ハイレベルなサウンドに大きな手応えを感じた小曽根は、継続して活動することを決意する。翌年3月、上記アルバムの発売を記念する約1ヵ月に及ぶブルーノート全国ツアーを成功させた。ツアー終了直後、ニューヨークから名エンジニアのジョー・ファーラを招聘して録音を行い、2006年1月にファースト・アルバム『No Name Horses』を発表。小曽根を中心にメンバーが自作を持ち寄り、全曲インストゥルメンタルという強力作になった。オリジナル作品をレコーディングしコンサートを行っているビッグバンドは世界的にも稀である。同年1月、世界中から一万人を越える音楽関係者が一同に集う世界最大のジャズ・コンベンション「IAJE (国際ジャズ教育協会)」(ニューヨーク)で演奏し、世界デビューを果たす。スタンディング・オベーションによる大喝采を浴びたこの公演ののち、3月にはファースト・アルバムの発売を記念し、再び日本全国ツアーを行った。

2007年、東京JAZZに参加。シャープでスピード感あふれる、表現豊かなセッションは「着実にこの世界へ新風を送っている」(日本経済新聞)と賞賛される。2008年3月、セカンド・アルバム『No Name HorsesⅡ』を記念し約1ヶ月の全国ツアーで熱いステージを繰り広げた。2009年5月、ラテン音楽をテーマにサード・アルバム『JUNGLE』をリリース。同年夏には、フランスのラロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭とスコットランドのエジンバラ・ジャズ・フェスティバルに出演し、高い評価を得る。

翌2010年7月、ウィーンおよび仏ラロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭にて演奏。 2011年7月、初のライブ盤『Back at the Club“in Trubute”』をリリース。ビッグバンドの超王道の名曲をレコーディングするというNo Name Horsesの新たな試みは発売前より話題となり、ジャズの醍醐味が凝縮された1枚として高い評価を得た。同年秋、全国ツアー「ラプソディ・イン・ブルー」(全10都市)を成功させ、2012年3月にはシンガポールにて公演を行った。2012年には、全国ツアー「Road」(7公演)を行い、小曽根による同名の新曲を初演。2013年7月上旬には、東北支援キャラバンツアーを行い、大槌、赤浜、釜石(以上、岩手県)、気仙沼、石巻、多賀城(以上、宮城県)に演奏を届けた。2014年、結成10周年を記念し、アルバム『ROAD(Rhapsody in Blue同録)』をリリース。同年9月には、東京JAZZにてクリスチャン・マックブライド・ビックバンドと合同演奏を行うほか、全国12箇所にて結成10周年記念ツアーを実施し大成功を収めた。

2015年12月には、小曽根がプロデュースを務めるBunkamuraオーチャードホールのクリスマスコンサートにて「シンフォニック・ジャズ モーツァルト×ガーシュウィン」を実施。小曽根編曲による「モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番『ジュノム』」を、日本で初めてビックバンド・ヴァージョンで演奏する。ジャズだけでなくクラシックの世界でも活躍の幅を広げる小曽根真の“真骨頂”として各方面より賞賛を受けた。また、同公演ではスペシャルゲストとして世界的トロンボーン奏者であるジョセフ・アレッシ氏(ニューヨーク・フィルハーモニック首席奏者)を招き、音楽のジャンルを越えたコラボレーションを行うなど、留まることのない第一線での活動に注目が集まっている。